MENU

ランドセルの価格相場ってどれくらい?

ランドセルの人気価格帯はどれくらいだと思いますか?

 

フィットちゃんランドセルの調べによると、販売数のランキングは下記になります。

 

【フィットちゃんランドセル調べ 人気価格帯ランキング】

  • 1位:30,000円〜39,999円
  • 2位:40,000円〜49,999円
  • 3位:50,000円〜59,999円
  • 4位:60,000円〜
  • 5位:〜19,999円

 

やっぱりというか3万円台のランドセルが一番選ばれているみたいです。

 

ランドセル価格皮革

 

ランドセルの価格比較をすると分かりますが、3万円台後半〜4万円台前半が商品ラインナップが豊富です。

 

フィットちゃんにしろイオンかるすぽにしろ、ちょっとかわいいタイプを選ぼうとすると4万円以上はしてしまいます。

 

35,000円以下のランドセルは、シンプルなデザインで機能性も簡素なタイプが多いです。

 

最近流行のカラーであるヘリやフチドリを別の色を施したコンビカラーも4万円前後からです。

 

デザイン&カラーの組み合わせが110万通り以上ある「イオンかるすぽ:MY COLOR」も38,880円(税込)となります。

 

フィットちゃんランドセルも女の子に人気のランドセル「あい・愛・ティアラ」や「ポップガール」も42,000円(税込)となっています。

 

ちょっとかわいいタイプのデザインを選ぼうとすると、最低でも4万円前後は用意しておかないといけません。

 

 

しかし、ランドセルの価格を調べているとあることに気付きます。

 

それは何かというと、ちょっと上位ランクのランドセルを選ぼうとすると値段が5万円以上はするということです。

 

せっかくの新入学なので高級感のあるランドセルを買おうとするのですが、5万円以上する価格にちょっと腰が引けたりします。

 

例えば、上品な刺繍で高級感が女の子に人気のフィットちゃんロイヤルローズは「55,000円(税込)」です。

 

140万通り以上の組み合わせができるイオンかるすぽフラットキューブカスタマイズは「57,240円(税込)」です。

 

ランドセルは基本的に6年間使い続けるので、一度買ったら買い換える必要は余程のことがない限りありません。

 

しかし、私のように1万円以下のランドセルを買うと3年程度で買い換えるハメになる可能性が出てきます。(買い替え体験談はコチラ)

 

まあ、安いランドセルを買い替えて使うという手もありますが、どちらがいいかは価値観によります。

 

ランドセルは祖父母からプレゼントしてもらるという方も多いので、その場合はある程度高額のランドセルを選ぶことになるでしょう。

 

安いのを買うと言ったら祖父母は「もっといいのを買いなさい!」と言うでしょうから。

 

そんな時はご厚意に甘えてある程度高額のランドセルを選ぶほうが、プレゼントする側の方にも喜ばれる傾向があります。

 

 

ランドセルは素材で値段が変わってくる!

ちなみに今まで書いてきたランドセルの価格相場は、クラリーノ素材の場合の値頃感となります。

 

これが牛革やコードバンのような天然素材となると、最低でも6万円以上からとなります。

 

  • 【イオンかるすぽ】プレミアムコードバン:91,800円(税込)
  • 【フィットちゃんランドセル】FIT-204(コードバン):68,000円(税込)
  • 【土屋鞄ランドセル】総牛革プレミアム:64,000円(税込)
  • 【山本鞄】オールコードバン夢こうろ染:148,000円(税込)

 

同じ素材でも革の使用量によって値段に違いがあります。

 

当然のことですが、多く使えば使うほど値段が高くなっていきます。

 

天然素材は高級感ある光沢が魅力ですが、お手入れが大変だったり高価格だったりするので購入する人は少ないようです。

 

 

ブランド・キャラクターが付くと高くなる

素材以上にランドセルの価格に関係してくるのが「ブランド」です。

 

聞いたことがあるようなブランドが付くと価格が高くなるのは、バッグや時計などのブランドと似ています。

 

ランドセルにもブランドってあるの?と思うかもしれませんが、下記のようなブランドがあります。

 

(男の子向けブランド)

  • プーマ
  • ナイキ
  • アディダス
  • ワンピース
  • ポケモン

 

(女の子向けブランド)

  • ミキハウス
  • ディズニー
  • メゾピアノ
  • ハローキティ
  • 不思議の国のアリス

 

聞いたことのあるブランドやキャラクターが並んでいると思います。

 

同じ商品でもブランドやキャラクターが付くと値段が高くなるのは仕方ないことですが、値段相応の価値観を感じるかどうかがポイントです。

 

よくある失敗として買う時は「これが欲しい!」と思って買うのですが、高学年になるにつれて「恥ずかしい」と子供が嫌がってしまうケースがあることです。

 

 

ランドセルの価格相場を調べる時には、素材やブランドも考慮したうえで比較するようにしましょう。

 

高価格帯のランドセルを購入する予定がないならば、クラリーノ素材の中から選ぶことで効率よく絞り込むことができます。

 

お子様はその時に流行しているキャラクターを選びたがる場合もありますが、ランドセルは6年間使うものとして考えてランドセル選びをしましょう。

 

 

ランドセルの価格相場関連ページ

ランドセルの大きさ
ランドセルの大きさってどれくらいの大きさを選べばよいのでしょうか!?
カラーの選び方
ランドセルのカラーの選び方について解説しています。カラーはお子様の希望を聞いてあげたいですよね。
ランドセルの重さについて
親御さんがランドセル選びで一番重要視するのは、「軽さ」だそうです。
軽いランドセルって強度は大丈夫?
ランドセルは軽い方がいいって言うけど、丈夫さや強度は大丈夫なのでしょうか?
A4フラットファイル対応サイズのランドセルって必要?
ランドセルのサイズは、A4フラットファイル対応サイズの方がいいのでしょうか?